読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストはどこまでミニマルになれるのか。

どうも、一週間くらい前から一人暮らしを始めているトロワルです。新生活を送るにあたってミニマリスト関連の記事を読んでみたのですが、どうにも理解できない部分がありまして。

ミニマリストって「必要最低限、最小限の物しか持たない、物はないけど心が豊かな暮らし」を目指しているものだと認識してるのですが、例えば極端に言えば自炊をせずにコンビニ弁当で済ませるのって、ミニマリスト的にはどうなんですかね。そしたら炊飯器なんかもいらないし、調理器具いらないですし。

ミニマリストの生活って、物を置いておくということを空間に対するコストと考えがちなんですが、そういう意味でいうなら、必要なものをその都度買いに行くっていうのは「自分の生活圏外に物を追いやっておく」ってことではないでしょうか。つまり、ミニマリストミニマリストを許されてるのって「物が溢れている社会」を肯定した上でしかないのでは?ということでして。