200円越えのカップ麺は高いと感じるのに500円のラーメンは安いと感じる不思議


おはようございます、トロワルです。朝からラーメンの話かよ、って思うかもしれませんが、そうだよいつだってラーメンの話をしたいよ。春はラーメン、ようよう白く乳化するスープ。夏はラーメン、魚介つけ麺はさらなり。秋はラーメン、冬もラーメン。
 
でも、一食考えた時に明らかにカップ麺のほうが安いのに、200円越えてたら高いと感じて、普通のラーメンは500円とかだと安いってなるんだろうね。

昔、売れてるものが良いものなら、世界一美味いラーメンはカップラーメンだって言ってた人がいたけど、僕はカップラーメンも好きです。あの小袋を開けるチマチマ感がなければいつもいいなぁって思ってる。

ただし、コンニャク麺はゆるさねぇ。あれの冷やし中華をラーメンとは認めない。・・・・・・って、冷やし中華ってそもそもラーメンなのか?あーでも冷麺とかあるし、あぁいう方向から進化したのかもね。インドのスパイスカレーが欧州に渡ってルーのカレーになった感じ。

ちなみに、このラーメンは店頭で100円でした。
f:id:torowaru:20150623090743j:plain