幸福になることが義務になる不幸せ

どうも、トロワルです。皆さん最近幸せですか?(妖しげな笑みを浮かべながら)

この世の中では、人生の究極目標が「幸せになること」として一定の努力義務が課されているように思います。多くの人が、幸せになることを当然だと刷り込まれ、そこになんら疑問を持たない人間が多いですね。でも、世の中には「幸せになんてなりたくない」思想の人も、やはりそれ相応にいます。


価値観が全く違うのですから、そういう人に「幸せになることの素晴らしさ」を説いても伝わりません。同じように「幸せになりたい」という人に、「幸せになることってそんなに重要?」と聞くことも、あまり意味がありません。


幸せとは「なる」ものではなく「ある」ものであり、「掴む」ものではなく「気付く」ものではないかと思いますけどね。幸せになることに縛られてしまうと、それすら気が付くことができない不幸な状態になってしまうように感じます。そこで皆さんに今一度問うわけですよ。皆さんは最近、幸せですか?と。