レンタルロボット

ある日の夕方、一緒に遊んでいた友達がトラックに轢かれて死にました。

とても悲しくて、涙が溢れて止まりませんでした。

ですが、学校に行くとその友達はちゃんと登校していました。政府が用意した、レンタルロボットでした。もう悲しくはありませんでした。

そうして、町にはどんどんレンタルロボットが溢れていきました。そのうち、全ての人間がロボットとなり、変わらない日常が訪れました。