筋肉が産声をあげた日

ここ最近、出社前の朝の時間にストレッチと腹筋を組み込むようになりました。するとどうでしょう、一週間も続ければお腹の底からジワジワと、下地の筋肉がせりあがって来たんです。弱虫ペダルで言う所の「筋肉が産声をあげる」状態です。


ズボラな僕ですが「毎日タスク」というアプリを使っているおかげか、今も筋トレを継続できています。これは日課を登録しておくだけで、毎日タスクを表示してくれるアプリです。まぁ、そのまんまのネーミングですけどね。

僕が登録してるのは
・朝ごはん
・10回筋トレ
・ストレッチ

だけです。筋トレも、腕立て腹筋背筋を10回だけ。無理をしない代わりに、フォームや負荷だけは気をつけてます。雑な100回より、丁寧な10回の方が効果が上がるようです。しかも、筋肉の質が良い。なんというか、非常にしなやかです。ストレッチと並行して行なっているからかな。

後、昨日ドラゴンフラッグなる腹筋方法を教わりました。普段の筋トレに不足を感じた時や、土日などにチャレンジしてみたいと思います。


筋肉を意識して生活すると、オヤツを控えるようになったり(これまでは、毎日一袋はグミ食べてました)、タンパク質をとるようになったり、歌う時に声が安定したり、色んな変化があります。なんだか育成ゲームみたいで楽しいです。


ちなみに、筋肉痛が出るまで筋トレしてはいけないです。なんでもそうですが、過度な負荷は身体に毒です。よく、筋トレは限界を越えた所からが本番だ!みたいな話もありますが、あれも意識する必要ないです。それよりもストレッチをしましょう、ストレッチ。筋トレの前にはストレッチ。可能であれば、筋トレの後にもストレッチ。ストレッチをすることで、全身のコリがほぐれ、より質のいい筋肉を作ることができます。

土台(身体作り)、下地(ストレッチ)、表面(筋トレ)

この3点を意識することで、素敵な筋肉ライフを送れますよ。ちなみに、僕の胸筋には、ウッディとバズって名前をつけました。