読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑い男が高笑い 『ロスジェネ心理学』レビュー

 どうも、トロワルです。以前id:TM2502さんに紹介して頂いた『ロスジェネ心理学』をレビューさせて頂こうと思います。はてなでは有名なシロクマさんの本です。この本を読むことでこの世代の人と関わる際に何かプラスになるかなぁと思って読んでみましたが、これは…………しかるべき人にとっては凶器になり得る本ですね。もう、真っ先に思いました。

「うわ、ロスジェネ世代って大変そう……」

 もしここに書かれていることが、この世代の人達全てにそっくりそのまま当てはまるんだったらとても面倒です。

・地域社会からニュータウンへ
・大学至上主義と就職氷河期のダブルパンチ
ミソジニー男とクレクレ婚活女
・自己愛云々

 見ただけで、ひぎぃってなります。そしてこの本の最後の章。この章だけが明らかに浮いています。というか、この章のためにこの本があるといっても過言ではないと思う。だって、章のタイトルが「私達の義務と責任」ですよ? それを避けてきたから問題をこじらせてるのに、敢えてそれを突きつけるのは…………僕はそういうの凄く好きです。


 でもまぁこの言葉通りに現実を受け入れるのは難しいでしょうね。というより、そんなに無理しなくていいんじゃないでしょうか。あ、でも子どもを産むのならキチンと大人になっていてほしいですね。子どもが子育てするだなんて、シャレにならないですから。でも、そうでないなら特
に大人になる必要はないと思います。その方が、今の社会には合っている気がする。


 そろそろ本題に入ります。時代考証や社会の風潮、肥大した自己愛を満たす方法、そういった内容をすべてほっぽってしまって、僕が気になったのは「次の世代に何を残せるのか」という部分です。早速結論を言ってしまいますが、僕は「何も残す必要はない」と考えます。さっきチラッと言ってしまいましたが、ホントそんなに無理しなくていいですよ。


 今も根強く残る学歴至上主義。大学は就職予備校になり、高校は大学予備校、中学は高校予備校、そんなこと言ってたら保育園はなんになるんですかね。小学校予備校? そんな社会じゃ子ども達はいい(社会的に評価の高い)会社で働くために勉強し、お金を稼ぐために生まれてきたと勘違いしたって不思議じゃないわけですよ。効率良く勉強して偏差値をあげてさ、効率厨もいいとこだよ。そんなに効率重視するならいっそのこと、ゆりかごから墓場まで一直線で突っ込めばいいんじゃないか? 


 そして、そんな社会を形成してるのは他ならぬ大人たちなわけでしょ。次世代の子ども達にとってみれば、そんな人達が残したものなんてあまり欲しくないと思いますよ。あ、念のため言っておきますが今の言葉はブーメランで僕自身にも突き刺さるわけですけども。


 ここで次世代、つまり最近の子ども達の傾向に触れておきます。今の子ども達は「さとり世代」と呼ばれています。さとり世代についてはこれでも読んでいただくとして

http://dic.nicovideo.jp/a/さとり世代


 こういう一言で表すならしらけてる人達が出てきているわけなんですね。一概に全員しらけてるとは言えませんが、社会に期待をしていないとは言えそうです。こういう人達が次世代を作っていくわけですから、既存の社会システムを踏まえて次世代を考えるより、今一度日本の未来予想図を考え直したほうがいいんじゃないかと僕は思うわけですよ。そこで、今まで23年間生きてきた僕のちっさな脳みそをフル回転させた所、僕が考えた日本の未来予想図の上にはこんな言葉が書かれていました。


「ネバーランドへようこそ」
スタンドアロン・コンプレックス ー 笑い男VS泣き男」
「SNS的な緩やかな共同体」
「ひとであることとヒトであることの両立」
産む機械


これを一個ずつ語ってくととても大変だからざっくりと。


人は社会的動物であるからして、どれだけ個人主義になったとしても基本は誰かと関係を持とうとする。


次世代の社会とは地域社会のような土地で縛られた関係ではなく、ましてやニュータウンのような孤立したものでもなく、SNSのコンテンツのような参加しやすく抜けやすい共有していく社会である。さとり世代では人間関係のトラブルや大きな摩擦は回避され、精神的には安定しているが打たれ弱い人達が増える。


こうした社会で共有されるのは、アニメやモノなどのコンテンツだけでなく理念や考え方も共有される。つまり、笑い男だけでなく泣き男なんかもどんどんでてくる。この社会では、より強い個性の元にその賛同者が集まるような形になる。宗教とかはそういう意味では最適なコンテンツだと思う。


ただし、この社会では子どもを産み世代を繋いでくことが困難。子どもの子育ては加速する。試験管で子どもが生まれ、ベルトコンベアのように人間が出荷されるようになってようやく、この歪みは解消される。


ちょっと夢のある話をしました。以上です。