「信じている間は裏切られない」

「信じている間は裏切られない」

 

これは、僕が人生を生きていく内に学んだ基本原則のうちの一つです。一見すると「信じていても裏切られることはあるだろ?」と矛盾を孕んでいるように見える原則ですが、まぁ実際その通りでして、裏切られることだって当然あるわけです。約束事をすっぽかされたとか、手のひらを返されたとか、そんなことは日常茶飯事だと思います。だから、僕は皆さんに一つ、 「信じている間は裏切られない」 という考えに則した提案をしようと思います。

 

それは、「例え裏切られたとしても信じ続ける」ということです。これが唯一の、裏切りを裏切りにさせない方法だと思います。

 

信じるとはどういうことか。裏切りとはどういうことか。それを深く考えていくと、一般的に言われている「信じる」とは「(自分にとって都合のいいような動きをしてくれるように)期待する」というように見受けられます。そして、裏切るとは「その期待とは違った動きをする」ことではないでしょうか。それは、信じているんじゃなくてただ相手に期待しているだけなんじゃないかと僕は思ってしまうわけです。

 

例えばあなたが誰かを信じ、それから裏切られると心に痛手を負います。それは時にあなたの負担となって圧し掛かり、時に反骨精神となってあなたを飛躍させる糧になります。そして、おそらく多くの人はその痛手を負うことを恐れ、人を疑うようになります。疑って掛かることで、裏切られた時のダメージを減らすことができます。ですが、あなたが疑ってかかっている間は、常に裏切られる危険が背後に潜んでいます。

 

ですが、どうでしょう。その裏切りさえも呑み込む高慢さと強欲さがあれば、その裏切りさえも裏切りではなくなるのです。

 

「信じている間は裏切られない」

 

それは誰かに期待をすることではなく、本当に相手を信じ裏切りという行為や事実を信じるという行為によって嘘にしてしまうことです。バカみたいに見えます? いや、バカだと思いますよ。疑って掛かるんじゃなくて信じて掛かるんですから。この考えを軸にし続ける限り、あなたは騙され損をし続けるでしょう。だから、この原則には条件が指定されています。それはつまりどういうことか。ちょっと言葉を足せばわかりやすいかな。

 

「信じている間のみ、裏切られることはない」

 

ということです。つまり、ひとたび疑ったが最後、貴方は裏切られる可能性があるのです。もっとややこしい言い方をしてみましょうか。つまり貴方は「 信じている間は裏切られない」 考えを信じている間のみ、裏切られることはない、ということなのです。ひっひっひ、こういう話僕大好きなんだわ。ゴメンナサイね。

 

でも、僕はそれでいいと思っています。あなたにとっての真実は、あなたが真実だと信じている間のみ真実で在り続けるんですから。たとえそれが、現実とは則していなくても。どんなに乖離していても。僕はそんな貴方を全部呑み込む傲慢さで信じ続けるわけですから。

 

へっへっへ。