読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1章 DAGGER 戦場の最前点

コミティアお疲れ様でした。トロワルです。コミティアでは基本、イラスト集なんかを買ったりしていたのですが、久々に同人ゲームを買ったのでレビューしていきます。


BLACK GAMERさん作の
第1章 DAGGER 戦場の最前点
です。DAGGERというシリーズの一作目で、ファンタジー系サウンドノベルです。


先にざっくりとした感想だけ述べると、作品としては面白かったですが、商品としては不足しているものが多かったです。


物語は、傭兵を志望していたが、非力故に奴隷として売られそうになっていた少女を、通りがかりの主人公が助けるところから始まります。そして、主人公はその少女と暮らしながら、彼が持っている戦いの技術を、その少女に教えていくこととなります。


出だしは大体こんな感じです。文章がかなり読みやすく、キャラクターにも非常に愛着を持って書いていることが伝わります。キャラクターの視点が切り替わるごとに、さっとそのキャラのイラストが入るのも、読む側にとっては非常にとっつきやすく非常に好印象でした。


なので、作品としては結構好きで、食事のことを忘れて読むくらいだったんですが、商品として評価するとなると、また勝手が違います。


第一にまず、キャッチコピーがわかりづらい。BLACK GAMERさんから直接このゲームがどういう話かを教えて頂いたのですが、「最強の主人公と最弱の少女との対比」が、非常に伝わり辛かったです。なにゆえに最強で、なにゆえに最弱で、その二人がどうして出会い、どういう世界観の中で、どうなっていくのか。

商品として見た場合、読んでみたいと思われるものでなければ、そもそも手にとってもらえませんし、一番作品の魅力を知っているのはやはり作者だと思うので、もっとこの作品がどう面白いのかを伝えて欲しかったです。

第二に、世界観に対する説明不足が目立ちます。キャラクターに対する愛が多すぎて、キャラ自体が生き生きとしているのに、どういう世界の中にキャラクターが生きているかを説明する、背景となる情報がかなり少ないのです。端的に言ってしまえば、ファンタジーノベルにおけるファンタジー分が足りていない。世界観が構築されていないと、読み手がそこに浸れません。お話がトントン拍子に進むので、気がつくとあっという間に取り残されてしまいます。これが非常にもったいない。折角お話は面白いのに。


これが、フリーゲームだったらまた違ったと思うんですよね。そもそも読みたい人が読む、やりたい人がやるものだから、より作品としての評価は高くなると思うんです。そういう意味では、フリーゲーム向きな気がします。


ふと、昔、ハリーポッターを読んでいた時、話の続きが気になってしまって、夢中でページをめくっていった感覚を思い出しました。お話の中身を変えるとかではなく、うまく演出するだけで、先が気になって仕方がない!と感じるようなお話になるのではないかなと。

書くために書くのか。
読むために書くのか。

そこの違いはかなり大きいですね。

変化する中で継続性を見出す4月

どうも、トロワルです。M3参加します、キ-05aで、イツカサヨナラです。オルゴールCDを持って行きます。

それはさておき、気が付いたら4月も終わりが始まりつつあります。桜も散って、パーリーピーポーも視界から消え、大変暮らしやすくなりました。

決算期やら人事異動やらで仕事はひたすらドタバタしてまして、僕自身祖父がなくなったり洗濯機の排水ホースが外れて部屋が水浸しになったり、色んな形の不幸が舞い込んできておりますが、生きることについては支障ありません。楽しく生きていきましょう。

今年は変化を目標としているのですが、ただ変化をするだけではなく、変わった自分を自覚するためにもある程度、継続的な成果を形として残していければと思っています。そういう思考の変化も、変化の一部ですが。

○ ボランティア
いいとこ見つかったので、五月に落ち着いたら参加します。
○音楽
夏に向けて、涼やかな曲を作ろうと思います。
○小説
先日、カクヨムで毎日投稿してる小説が500PVを越えました。5月中に50話になります。ストックも合わせると100話近く作りました。
○コラボ
一件進行中のものがあり、数件企画中のものがあります。近くに、面白そうな人達が集まってきました。多分、僕が面白いことをやり始めたからだと思います。

○命
燃やしていきましょう。


それでは、これからも宜しくお願い致します。

形質的変化の三月

どうも、トロワルです。引越し&一人暮らしを始めてから1ヶ月半くらいが経過しました。自分で生活を回すっていうのは非常に面白いですね。

やりたいことが列挙して押し寄せているので、今やってることとやりたいことをざっくりまとめます。

・春M3にサークル参加! 

今はもっぱらここですね。オルゴールとロックな曲をガリガリ作ってます。「イツカサヨナラ」のサウンドクラウドにサンプルがあるので聞いてみてください。

・テト誕の曲

今はもっぱらここですね。4月1日に間に合うように、制作が追い込みに入ってます。

・カクヨムにて毎日8:00の小説投稿。

今はもっぱらここですね。140文字前後の超短編小説を、暫定的ですが三月中は毎日更新。一週間分は予約投稿機能があるので、意外と楽チンです。小説名もイツカサヨナラです。

・知人とのコラボ系が2件

コツコツ作り貯めてるのがあります。音楽ってパズルみたいなもので、大まかな曲の流れを決めてもコード進行なんかはいくらでも弄れちゃうので、どんどん形が変わっていくんですよね。

スチームパンク系のイベント参加

これはもう完全に趣味です(全部趣味だけど)。三月にある創作系のイベントに参加してきます。

・怖い曲

ニコニコ動画に怖い曲をあげてます。頭にはまだ幾つも怖い曲が流れています。マイリスト「闇のみんなのうた」へどうぞ。季節柄、夏に集中投稿します。

・童話モチーフの曲

これもニコニコ動画。一曲は現在動画制作者さんに依頼中です。これはコラボ系というか、色んな人と絡むときにも使っていきたいな。


あと、飲み歩きもちょこちょこしてます。なんてったって知らない人と知らないことを話すのが面白い。イラストレーター、映画監督、料理人。


内向的で根暗、超インドア派の僕ですが、気が付いたら突き抜けてアクティブに。今年の目標は変化なので、まだまだやりたいことはありますよ。


カクヨムで小説を投稿しました

どうも、トロワルです。本当は小説を書いたことよりも、サークル参加するM3の告知をしなきゃならないのですが・・・・・・小説投稿サイト「カクヨム」が先日オープンしまして、小説を投稿しましたよと。

カクヨムって、完成版を投げつけるだけでなくて、章ごとに投稿ができたり、小説を投稿する際にサブタイトルをつけられたり、後はインターフェイスっていうんですか? 少し工夫がされててルビ振りなんかもできるとかで、色々と書きやすい、読みやすい工夫なんかがされてるゆですね。

んで、さっきチラッとあげたサブタイトル。これがまた面白い。僕は「on the planet」という小説を「男の子と女の子が手を繋ぎながら色々な惑星を巡るお話」という、それサブタイトルじゃなくて内容紹介だから、みたいなのを書いたんですが、他の人達のサブタイトル、結構面白いですよ。

アウトプットも大事だけどインプットもね。カクだけじゃなくてヨムことも大事。そして、面白いかったらきっちり面白いと伝えて、交流することね。

「かもめ」の演劇を観てきました

どうも、絶賛アルコール摂取中のトロワルです。でも、そんなことはどうでもいい。昨日はチェーホフの「かもめ」を観てきました。事前に文章だけ読んだのですが、その時はめっちゃイライラしたんですね。なので、実際に劇を見てその感覚が蘇るかな、と思ったのですが蘇りませんでした。

最終的に感じたこと。役を演じるか、作品を演じるかで役者としての在り方が変わります。また原作に忠実であるか、脚本家や演出家に忠実であるかによっても演じ方は変わります。後は、自分をアピールするか、しないかによっても。

正解はないのだけれど、輝いていた人は確かにいました。ただ、魅せられてるというよりは見せられているという感覚も確かにありました。


あー洒落臭い。ていうか「かもめ」そんな名作でもなくね? 劇こそカウンターカルチャーの極みであって、不朽の名作なんてものは存在しないんじゃないかなと。なのに、有難がってそれを演じている。なんだか、それが不思議でしょうがない。

劇自体は面白かった。工夫があったし、その業界の人に響くところもあったのかもしれない。ただし、庶民の生活を演じる舞台の中で庶民に伝わらないのは、劇自体が高尚なものだと勘違いしているからではないでしょうか。

支離滅裂なのでこの辺で。





変化とは日常の延長線上にあるもの

どうも、トロワルです。一人暮らし生活も、気が付いたら半月ほど経ってました。


今年の僕の目標は「変」。このままバランス良く生活するのもそれはそれで楽しいのですが、先日早くもマンネリ化の兆しが見えたので、二、三日前からテコ入れをし始めました。


一つは、他人と会うこと。普段会う人でも、全く合わない人でも、真っ直ぐ話す機会を作れればと思ってます。


もう一つは、普段しないことをしてみる、です。昨日は公園で読書してみたり、一昨日はランニングをしたり、普段買わない食材を買ってみたり。なんだか字面だけ見たらのほほんとしてますが、変化とは日常の延長線上にあるものだと再認識しました。 




・・・まぁ、要は暇人ってことかなw

ミニマリストはどこまでミニマルになれるのか。

どうも、一週間くらい前から一人暮らしを始めているトロワルです。新生活を送るにあたってミニマリスト関連の記事を読んでみたのですが、どうにも理解できない部分がありまして。

ミニマリストって「必要最低限、最小限の物しか持たない、物はないけど心が豊かな暮らし」を目指しているものだと認識してるのですが、例えば極端に言えば自炊をせずにコンビニ弁当で済ませるのって、ミニマリスト的にはどうなんですかね。そしたら炊飯器なんかもいらないし、調理器具いらないですし。

ミニマリストの生活って、物を置いておくということを空間に対するコストと考えがちなんですが、そういう意味でいうなら、必要なものをその都度買いに行くっていうのは「自分の生活圏外に物を追いやっておく」ってことではないでしょうか。つまり、ミニマリストミニマリストを許されてるのって「物が溢れている社会」を肯定した上でしかないのでは?ということでして。